コーヒー生豆 インドネシア・トラジャ(ボロカン村) 1kg 農薬不使用

独特の苦味とコクそれに豊かな香りが堪能できる逸品

2,552円

インドネシアは10000以上の島々からなる国です。
当店で人気のマンデリンは、
インドネシア・スマトラ島産のコーヒー、
今回のトラジャは、スラウェシ島のコーヒーになります。
スマトラ島に比べて少し印象が薄いかもしれません。
それもそのはず、トラジャコーヒーは、
一度はコーヒーの世界から姿を消してしまったため、
幻のコーヒーと呼ばれているそうです。
現在、栽培地域は少しずつ拡大していますが、
生産量はそれほど多くはありません。

そんなトラジャのコーヒーを
こちらも【数量限定】となりますが
皆様にぜひ焙煎していただきたいと思います。

新豆のインドネシアトラジャ(ボロカン村)

ランテカルア山は標高2,300mあり、その裾野1,450m〜1,600mの地域にコーヒーは栽培されています。昼間は気温30℃迄上昇しますが、夜は10℃程度まで冷え込みます。この寒暖の差が良質のコーヒー豆が生まれる条件となっています。
この地域は綺麗で豊富な水があり、水洗処理設備も整っています。それに発酵工程の管理もきちんと行われていることから品質が高いコーヒー豆が安定して作られています。乾燥工程において、高床式の天日乾燥場で9〜10日かけてすべて天日によって乾燥させるやり方で品質を重視しています。

COFFEE DATE
◯生産者:インドネシア共和国 スラウェシ島 トラジャ地区 ボロカン村
     ランテカルア山 スロトコ農園
◯標高:1.450〜1.600m
◯規格:有機JAS
◯品種:ティピカ、ブルボン
〇精製:ウォッシュト

コーヒー生豆 インドネシア・トラジャ(ボロカン村) 1kg 農薬不使用

独特の苦味とコクそれに豊かな香りが堪能できる逸品

2,552円

在庫:0 kg 売切れ中