• ホーム
  •  > コーヒー生豆
  •  > 【期間限定】 ★無農薬コーヒー生豆★ パプアニューギニア・アイユラ 1kg

【期間限定】 ★無農薬コーヒー生豆★ パプアニューギニア・アイユラ 1kg

在庫 0 売切れ中

1,674円(税込)

定価 1,674円(税込)

アイユラはパプアニューギニア中東部イースタン・ハイランド州にある渓谷の名前です。

1940年代に、宣教師によってパプアニューギニアでこの地に初めてコーヒーの苗が持ち込まれました。

渓谷に囲まれたアイユラ地区は標高が高く、熱帯性気候で昼と夜の寒暖差が激しいことから、コーヒーの生育には大変適した土地であることから、持ち込まれたティピカ変異種であるアルーシャ種とブルーマウンテンのティピカ種はすくすくと育ちました。

現在アイユラにはCIC(パプアニューギニアのコーヒー産業政府機関)付属のコーヒー研究所が設けられ、美味しいコーヒー作りのためのたゆまぬ努力が続けられています。


手間ひまかけた精製方法

アイユラコーヒー農園はプランテーション方式ではなく、家族を中心とした小さなコミュニティによって運営されています。
収穫期になると、コミュニティ総出で手摘みによる収穫が行われます。「

収穫した豆はその日のうちにパルパーと呼ばれる機械で皮を剥き、発酵槽で36時間ほどかけてドライファーメンテーションを行い、ミューシレージを除去します。その後、アイユラ渓谷を源とする清らかな水の流れる小川で洗浄し、ミューレージを除去した後、きれいな水にさらに24時間浸します。天候に応じて7日から12日の間、天日干しします。

現在レビューを受け付けていません。