★無農薬コーヒー生豆★ ラオス SAMURAI カティモール ハニー 10kg

現地在住日本人指導のもの、自然農法に取り組む。カティモールのハニープロセスによる甘みが特徴。

GB010

16,120円(税抜)

定価 16,120円(税抜)

麻袋を希望しますか?(銘柄選べません)
購入数
セット

このカティモールの故郷は、海の無い内陸国ラオス。
南部にあるパクソン市ボラベン高原は、良好な火山灰土壌と冷涼な気候、日中夜の寒暖差が大きく、コーヒー栽培に適してい
ます。
現在のラオスは、コーヒー豆の産地として知られていませんが、自然の豊かさを最大限に取り入れて、農薬、化学肥料等一切
使用しない自然農法で丁寧に栽培しております。
今後ラオス産のコーヒーは、自然で素朴な味わいと、フルーティーで自然な香りが注目され、世界から評価を受ける日はそれほど
遠くないと言われています。
CATIMOR コーヒー豆は、カトゥーラ種とハイブリド・デ・ティモール種を交配したカティモール種となります。
他のアラビカ種に比べて香味が弱いと思われている CATIMOR ですが、ラオス産の CATIMOR は香り高く独特の深味も
ある為このコーヒーを飲まれたら多くの方が驚かれるかもしれません。
この CATIMOR プロセスは、ウォッシュドとハニーとなります。
ウォッシュドはクリーンでスッキリとした味わいに仕上がっており、ハニーは薄皮の熟成により甘味の風味が強く感じられます。

【原産国】 ラオス人民民主共和国
【人口】 約 700 万人
【産地地域】 チャンパサック県 パクソン市
【標高】 1,000m 以上
【生産者】 JHAI COFFEE 生産者協同組合(JCFC)
【品種】 カティモール
【規格】 GRADE-1.2
【精製方法】 ウォッシュド・ハニー
【乾燥方法】 天日干し
【収穫時期】 ニュークロップ(2019/12 月〜2020/2 月)

イメージはありません。

現在レビューを受け付けていません。