〈当店コーヒー生豆最安値!!〉メキシコ産・セスマッチ トランジション|無農薬・無化学肥料栽培 1kg

当店コーヒー生豆では最安値ながら、上質なナッツやハチミツ、シトラス系の酸が感じられる

1,390円(税抜)

購入数
kg

 大自然の守り人がつくるコーヒー メキシコ・セスマッチ(チアパス州シエラマドレ環境保護農民組合)

Un Esfuerzo por la Vida(命の努め)
オーガニックコーヒーの栽培がさかんなメキシコの中でも、もっともコーヒー栽培の盛んなチアパス州は、豊かな自然に恵まれた、メキシコ人も「行ってみたい」と思い焦がれる土地です。
シエラマドレ環境保護農民組合(CESMACH/セスマッチ)が生産するコーヒー豆は、El Triunfo(エルトゥリウンフォ)生物保護圏*の緩衝地帯にあり、標高は1000メートルから1750メートルに位置します。
コーヒーは1農家あたり平均4ヘクタールの小規模生産者のコーヒー農園で栽培されており、同地区では環境保全と生物保護のために、コーヒー以外の作物の栽培が制限されています。
セスマッチではすべての農園のサンプルをカッピングし、評価、指導するなど、農家一軒一軒の品質の向上のための適切な指導を行っています。

WHAT'S トランジション!?
ートランジションとは、有機転換中の豆ということになりますが、実際にはエル・トゥリウンフォ生物保護圏にて、一切の農薬を使わずに育てられていることは確認済みです。

主に新規組合員の皆さんの豆については、一定期間、トランジションとして取り扱うことになっています。

こちらは認証がない分、当店では、もっとも「安価」でご提供可能となりますが、ナッツやハチミツ、シトラス系の酸が感じられますので、これからローストを勉強したい方から、自家焙煎店さんまで、幅広くお使いいただけると思います。


【生産者】 チアパス州シエラマドレ環境保護農民組合
        (CESMACH/セスマッチ)
【生産地域】 メキシコ・チアパス州 EL Triunfo(エル・トゥリウンフォ)生物保護圏組合の拠点:チアパス州アンヘル・アルビノ・コルソ市(旧市名:ハルテナンゴ)
【自然条件】 標高1000〜1750m
【品種】 ティピカ、ブルボン
【栽培方法】 木陰栽培、無農薬栽培
【収穫期】 12月〜3月
【精選方法】 100%手摘み、水洗式、天日乾燥、スクリーン・比重選別、電子選別
…2019年4月30日〜5月10日までメキシコ出張に伴い長期休暇いただきます。詳しくは「お知らせ」を御覧ください。
2019年7月
123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031
2019年8月
123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
2019年7月
123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031
2019年8月
123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
…2019年4月30日〜5月10日までメキシコ出張に伴い長期休暇いただきます。詳しくは「お知らせ」を御覧ください。